榊原商店ご提案 アルミクロスの基布と特性について➀

生地紹介

 

物性 基布: アクリル系耐炎繊維&コーネックス

生地:杉綾織

 

特性:杉綾織を採用しており、シワがよりにくく伸縮性に優れています。軽量化アルミクロスを採用していますが溶鋼などの飛沫も流れ落ちやすく、ユーザーの安全性と作業性向上にも繋がっています。

製法:特殊アクリル繊維を約300℃で焼成します。この耐炎繊維を更に1000℃以上で焼成すると炭素繊維になります。また、耐炎繊維を賦活化すると活性炭素繊維になります。

以下、安全性と防炎防熱性及び耐熱耐炎性の実証結果となります。

リンク貼っていますのでご確認ください。

アルミクロス 溶鋼テスト

特徴 ①抜群の耐炎性をもつ有機繊維

②耐熱性、耐薬品性(除く強酸、強アルカリ)

③電気絶縁性にも優れている

④ソフトで紡織加工性に優れている

実績 アルミ袖付きエプロン 耐熱耐炎防熱防炎保護具

アラミド コーネックス アルミ背抜き服上着 難燃耐熱耐炎防熱防炎保護具

アラミド コーネックス アルミ2本指ミトン型手袋 難燃耐熱耐炎防熱防炎保護具

アラミド コーネックス アルミ脚絆 ➀ 難燃耐熱耐炎防熱防炎保護具

アラミド コーネックス アルミ脚絆 ② 難燃耐熱耐炎防熱防炎保護具

 

 

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ